オーストラリア向け牛肉輸出の出発式が開催されました!
オーストラリア向け牛肉輸出の出発式が開催されました!
  • Posted:
  • 2018年7月10日

7月5日(木)オーストラリア向け牛肉輸出の出発式 が開催されました。

5月末に農林水産省からオーストラリア政府との間で『日本産生鮮牛肉の輸出再開について合意し

た』との発表がありました。

2001年に発生したBSE問題以降、約17年間にわたり途絶えていたオーストラリア向け生鮮

牛肉の輸出が可能となりました。

この度、ナンチクではオーストラリア向け輸出牛肉取扱施設に認定されたことを受け、牛肉輸出を

開始する運びとなりました。

輸出再開後、オーストラリア向けに日本で最初に牛肉輸出をすることへの期待・関心度が高く、出

発式には多くの関係者の方々がお越しくださいました。

社長挨拶(豪州輸出)  知事挨拶(豪州輸出)  市長挨拶(豪州輸出)

弊社福田社長より『牛肉生産国であり日本の約3倍以上の牛肉消費国でもあるオーストラリアにお

いては、日本食レストランや日本の食材を扱うスーパーも増えており、国産牛肉の輸出拡大の可能

性は大いにあります。ナンチクでは、今回の輸出を機に「日本一の鹿児島黒牛」を海外へより一層

PRし、国産牛肉の市場拡大と畜産振興に貢献していきたい。』と挨拶が行なわれました。

 

また、三反園鹿児島県知事より『日本一に輝いた鹿児島の黒牛を日本一早くオーストラリアに輸出

できる。こんな喜ばしいことはありません。オーストラリアの人に鹿児島の和牛(本物の和牛)を

食べていただきたい。また、畜産王国鹿児島の生産者の所得を少しでもあげて、後継者が育って

いく環境を作りたい。その為にも、鹿児島県と鹿児島県の業者の方々が一体となり、この素晴らし

い鹿児島の牛肉の輸出促進・販路拡大に取り組んでいき、一緒になって畜産王国鹿児島を盛り上

げていければと思います。』との心強いお言葉を賜りました。

 

また、五位塚市長より『畜産を中心とした農業の町である曽於市の企業から日本で(輸出再開後)

最初にオーストラリアへ牛肉の輸出ができるということは、市民をはじめ農家の皆さまにとっても

大変嬉しいことだと思います。また、引き続き畜産振興のために頑張ってまいります。今後ナンチ

クさんがさらに活躍されることを心からご期待申し上げます。』とのご祝辞を賜りました。

 

テープカット(豪州輸出) トラック(豪州輸出)

テープカットが行われ、トラックの出発を出席者一同で見送りました。